> リンク
> 検索
<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
深けりゃいいってもんじゃないんですよね。
 イパオビーチに行ってきました。イパオビーチは白い砂地に枝サンゴや他のサンゴの群生があり、そこに無数のデバスズメダイが住み着いており、上を見れば無数のサヨリの群れが追いかけてくるような、まさに「海と島の旅」に出てくるような絵がもろにあるところなのです。
 しかし水深は2m。この水深が水中を明るくしているのです。浅いからこそ眩しい砂地。写真派
にはたまらない絵が撮れるのです。ここはマクロの宝庫でもあり、1年を通していろんなレア生物にあう事が出来ます。ナポレオンの幼魚はいつも普通にいますし、冬にはカエルアンコウなども現れます。そしてたまに1mオーバーのロウニンアジが足元を泳ぎ抜けて行ったりといろんな事があります。ベストの時間帯は朝から午後1時ぐらいで満潮が狙い目でしょう。そして大事なのが晴天です。カメラを持ってる方は、是非ワイドレンズをお勧めします。マクロも使えます。
 
絵になる景色が盛りだくさん。
b0029643_16485875.jpg


海の中から宇宙が見える感じです。
b0029643_1649324.jpg

[PR]
by papalagidivers | 2007-08-24 16:50
またまた伝説の生物に遭遇。
今日は何か予感がしたのです。水面は鏡のようで空には厚い雲がかかり雨が降っていました。ほかにダイビングショップもなく、スクーバルーには
11人しかのっていないのです。そして1番乗りにエントリー。バケツまで行くと潜水艦がかなりじっと何かを見ている感じ。すると、出た!かなりの勢いで泳ぎまわっているでかい尻尾の生き物が。人が来ると逃げるようにしているらしく2目しか見れなかったが、顔の周りにたくさんのコガネシマアジをひっつけていた。で、やっぱり今日もカメラをたまたま持っていなかったのです。しかし持っていたとしても、早いのでなかなか撮れなかったでしょう。でも近くまで来てもやだな。
 そして今日はナンヨウツバメウオが全員集合ですごい数でした。

ごう
[PR]
by papalagidivers | 2007-08-21 15:36
伝説の生物に遭遇!
先日ギャブギャブ2に行った。私は2人しかつれていなかったので1番乗りでギャブギャブ2に入った。いつものように白い餌箱に向かうと、何か様子がおかしい。いつも見ている景色に何かが多い、その何か考えると餌箱の下に何か巨大なものが横たわっている。それは瞬時に動いた。動いた瞬間とてもおおきな尾びれがゆっくりと中を蹴る。それは何と巨大なサメだった。
体長は4mぐらい。それはゆっくりと深場に泳いで行った。その後ろ姿の尾びれはやたら巨大だった。そのサメの正体は「ナースシャーク」温厚で人を襲うことはない。4mのナースシャークはかなり大きい方である。そのときたまたまカメラを持っていなかったために、姿をとらえることができなかった。それ以来ギャブギャブⅡには1番乗りで入ることにしているが、まだ会えていない。
 ところで、ナースシャークのナースとは看護婦さんのことだろうか?。確かに腹はとても白いので白衣のように見えることからなのだろうか。
[PR]
by papalagidivers | 2007-08-16 17:09
ノースサイドポイント
グアムは雨期に入ったので時折スコールが来るようになりました。すごく晴れたりすごく降ったりと忙しい天気です。
 今回はゲストのリクエストでボートをチャーターしてあまり行かない北のポイント「ダブルリーフ」と「トンネル」に行きました。北のポイントは荒れやすいために、かなり天候を見極めていかなければならないのですが、この日はとても穏やかで、むしろブルーホール方面よりもコンディションが良かったです。 
 グアムの北側は、島が隆起してできた部分なので、川がないために川の水が流れ込まないので南側とはまたちがうとても濃いブルーが味わえます。そして、砂地マニアの私にはたまらない広大な真っ白い砂地ポイントでもあるのです。そして砂時計のような砂は舞い上がらすしっとりと沈んでいます。
b0029643_17285727.jpg

まさに青と白だけの世界は、そこにたたずんでしまいます。

ダブルリーフと言うだけあって、サンゴもとても豊富です。
b0029643_17315171.jpg


透明度が非常に良いので、砂地が下にあれば、目が覚めるようなブルーが水面に現れます。
b0029643_17334395.jpg


トンネルというポイントはその名の通りトンネルがあるのですが、そのトンネルは木漏れ日がスポットライトのように出口まで続きます。
b0029643_17392979.jpg


トンネルのブイの真下はすでに素晴らしい砂地が広がっています。
b0029643_17404537.jpg


このようなポイントがグアムにはまだまだたくさんあります。
グアムはブルーホールだけではないのです。
[PR]
by papalagidivers | 2007-08-09 17:20
「うさぎ」ちゃん!?
 いま日本に行っている台風5号は、台風名「うさぎ」。なんでだ?その前の日本名の台風は「てんびん」。何の脈略があるのか?きっと目をつぶって、広辞苑を適当にひらいて最初にある単語を勝手につけてるに違いないのだ。
 そんななか今日の海のコンディションは、ブルーホール方面から風が吹いてるため、そちら側は全滅。しかし、ということは反対側のブルーアンドホワイト方面はべた凪なのです。ブルーアンドホワイトは透明度最高の軽く40m以上。水温も30度と暖かい。で、2本目のフィンガーリーフ。これまた透明度がよく色とりどりのサンゴが美しい。透明度も30以上は軽く抜けていた感じでした。
 8月はダイバーも少なくボートはガラガラ。8月は結構穴場ですよ。
b0029643_20572763.jpg

[PR]
by papalagidivers | 2007-08-03 20:57